FC2ブログ

ダメキャバ嬢のろくでなし人生⑤【一部フィクション

④の続き

自分が年足らずなことはすっかり忘れて

夜の街にはまっていく私。

働いている店で一ヶ月20万ちょいほど稼いでも全然足りなくなってきた。

仕事後に飲みにいくと、色んなお店の夜のお姉さんたちが羽振り良く遊んでいる。

羨ましく感じた。

自分の今働いている店は、給料も時給で頑張っても頑張らなくてもあがらないし下がらない。それなのにノルマばっかり言ってくるママに不満を感じていた。

そんな時、仕事帰りにいつもいくボーイズバーで独りの女の子と仲良くなった。

彼女の名前は『まゆ』本名なのか夜の名前なのかは知らないけど、背が高くて細くて美人だった。

でも話すと男みたいにがさつっていうか大雑把だった。

一晩で打ち解けて、店の終わる朝まで一緒に飲んだ。

次の週、また仕事終わりにまた同じバーでまゆを見かけた。

でもお客さんらしき人と一緒だったので声をかけないようにしようと気が付かないふりをした。

そうしたらまゆから声をかけてきた

まゆ「客と一緒なんだけど一緒にどう??おごってくれるから☆」

なんとなく仕事延長されたみたいで嫌だったけどまゆの席に入ることにした。

そこでまゆの働いている店のこと、まゆは19歳で私と同じ年だってこと(設定上同じ年になってる)って事がわかった。

まゆの働いている店はオープンしたばかりのキャバクラで、まゆはその前から別のキャバクラで働いてて一緒にいるお客さんは今の店に入る前からのお客さんだって事。

お酒を飲みながら話しているうちに、

「今度一回うちの店に体験に来てよ、一緒に働けたら楽しそう!!」

とまゆが言い出した。

私は勢いで

「おっけい!行くいく~\(^o^)/」ってノリノリの返事をしてしまったらしい‥。

一緒に飲んでいたまゆのお客さんも

「そんじゃその日みんなで同伴するか。いつにする??」

って‥

どんどん話が進んでいった。

その後みんなでカラオケに行って。朝まで飲みまくった。

朝起きると昨日の約束なんて忘れていて、数日後まゆからメールがきた

『来週の水曜日。だいじょうぶだよね\(^o^)/』

ナンのことだか‥よくよく思い出すけどおもいだせない(;´∀`)

『覚えてない。ごめん』

って返したけど

『お店に話しちゃったし、お客さんと4人で同伴の約束もしてしまったし絶対来て\(^o^)/』

っと返事がきた。

私も今のスナック以外の店にも興味があったし、まゆにもお客さんにも悪いし

『分かったよ~。ドキドキする』

と返事を返した。

さて‥今いるお店は何って言って休もうか‥。

その日の夜お店に出勤してから早い時間にママに

「来週の水曜日、家の用事があるのでどうしても出勤できません」

といった。

ママは「水曜日ひとたりないのよね‥」と渋ったけど了承してくれた。

そして水曜日、

まゆとこの前のお客さんと待ち合わせをして軽くご飯を食べて真由の店に向かう。

かなり緊張する‥

店はビルの地下にあっていつも通っている店よりかなり広い、そしてちょっと暗くて綺麗。

黒ベースで何もかもピカピカ。

女の子も従業員もいっぱいいてすごくオシャレに見えた。

私こんなとこにきてもいいのか(;´∀`)

店入っただけで圧倒されてると、まゆがお客さんを席に座らせて私のうでを引っ張る。

まゆ「オーナーがはなししたいって」

連れて行かれた先は控え室?みたいな部屋で衣装が壁一面に並んでいる。

かわいいワンピとか綺麗なロングドレスとか‥お姫様みたい‥

女子なら着てみたいような服が一杯あった。

ソファーに座っていた30代半ばほどの茶髪のスーツの男性。ここのお店のオーナーだよ。とまゆが紹介してくれた。

オーナー「はじめまして~まゆの友達?面接しないといけないんだけどお客さんと来てるんだよね?とりあえずこれだけ書いてもらってお客さんとこついてもらっていいかな??」

と簡単な履歴書みたいなのを渡される。

ちゃんとしたのじゃなくて、名前、住所、生年月日などを書いて今いるお店の名前を書くだけの紙。

もちろん生年月日は19歳になるようにごまかして作られたものを書いて提出した。

始めてきたキャバクラ初日はシステムは少し違ったけどまゆがフォローしてくれてなんとか大丈夫だった。

すごく忙しく、客層もいつものお店より若い人が多くて楽しい。

あっという間に閉店時間になった。

店が終わるとオーナーが、お店の給料システム、営業時間、出勤についてざっくり話してくれた

「わからなかったらまゆにでも俺にでも聞いて。次はいつ来てくれる?」といってくれた。

言い方はチャラかったけど、このお店に私が必要とされていると思うとなんだか嬉しくなった。

給料も頑張れば上がるし今よりもいい。出勤も基本は自由。かわいいどれすが着れる

でも、まだスナックやめなきゃ‥どうしよう

私は「いま働いているお店、まだ辞めるっていってないんです。なのでそっち解決してから‥」と答えた

その日のお給料は日払いで貰った。いつもよりも全然多かった。

もう完全に気持ちは固まっていた。

続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
リアル② | 【2013-03-11(Mon) 18:11:17】 | Trackback:(0) | Comments(-) | [編集]
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © アラサー主婦☆美MAMA計画(´・ω・`) All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*